ニオイタチツボスミレ、キランソウ、カキドオシ
【水元公園の花】 2011.4.10撮影

f0238961_12162117.jpg
▲ニオイタチツボスミレ=匂立坪菫(スミレ科スミレ属)





f0238961_12164253.jpg
f0238961_1217970.jpg
▲キランソウ=金瘡小草(シソ科キランソウ属)





f0238961_12173326.jpg


f0238961_12175674.jpg
▲カキドオシ=籬通(シソ科カキドオシ属)

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-04-26 14:04 | 水元公園 | Comments(0)
アカヒメヘリカメムシ、セマダラコガネ
【散歩画像より】 2010.4.21撮影

f0238961_12112986.jpg
▲アカヒメヘリカメムシ(約8ミリ)





f0238961_12114979.jpg
▲セマダラコガネ(約10ミリ)

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-04-26 07:51 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
『原種』 ヤマナシ Pyrus pyrifolia.
ヤマナシは栽培梨の原種だそうです。

f0238961_1325163.jpg
ヤマナシ=山梨(バラ科ナシ属) 2010.4.24 鳥類園

ヤマナシの果実の画像は『こちら』からどうぞ!!

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-04-25 13:25 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(2)
『天道虫がいっぱい !!』 ダンダラテントウ Cheilomenes sexmaculatus
【散歩画像より】2010.4.21撮影

【ダンダラテントウ】

f0238961_1284948.jpg



f0238961_1263720.jpg



f0238961_126544.jpg



f0238961_1271287.jpg



f0238961_1723393.jpg

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-04-24 15:32 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
ゲッケイジュ、カシワクチブトゾウムシ
昨日の鳥類園は木々の花、昨年より開花が遅れたようで、今年は運良く1日スタッフの日と開花が合致。
ゲッケイジュ、クサボケ、エノキ、ロニセラ・ニティダ、モモ、クヌギ、ドウダンツツジ、コナラ、シロヤマブキ、ヤマブキ、ヤマグワ、ツツジsp、アセビ、ナツグミ、クサイチゴ、ハナズオウ、ダンコウバイ、ヤブツバキ、ニガイチゴ、クロマツ、ハナカイドウ、ボケ。
まさに『百花繚乱』素晴らしいお花見が出来ました。
もちろん、桜(オオシマザクラ、サトザクラ)の花見も忘れませんでした。(^o^)

f0238961_1159130.jpg
▲ゲッケイジュ=月桂樹(クスノキ科ゲッケイジュ属、雌雄異株)の雄株の雄花





f0238961_11593279.jpg
▲カシワクチブトゾウムシ 2010.4.20 葛西臨海公園

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-04-24 08:45 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(0)
エサキモンキツノカメムシ、キイロテントウ、クモガタテントウ
もう25年前の事になりますが、
明治神宮の森をのぞむ積雲画廊での個展の初日に、
背中にハート型のあるカメムシが飛んできました。
これがエサキモンキツノカメムシとの最初の出会いでした。

【散歩画像より】2010.4.18撮影

f0238961_11555822.jpg
▲エサキモンキツノカメムシ(12ミリ)





f0238961_11562139.jpg
▲キイロテントウ(5ミリ)





f0238961_11564092.jpg
▲クモガタテントウ(2ミリ)

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-04-23 20:45 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
アケビ Akebia quinata、ムベ
学名の属名:Akebiaがアケビア(和名が採用されている)
quinataは「5枚の小葉」の意味で、小葉5枚の掌状複葉を表しています。

f0238961_1150238.jpg
▲アケビ=木通、通草(アケビ科アケビ属、落葉つる性木本)
大きい方が雌花、たくさんあって小さいのが雄花
果実は熟すと裂開する。 2008.4.12 水元公園







f0238961_11513015.jpg
▲ムベ=郁子、野木瓜(アケビか科アケビ属、常緑つる性木本) 左:雌花、右:雄花(雄しべが合わさっている)
雄花も雌花も大きさや外見が同じに見えるので、アケビのように外側だけでは見分けがつきません。
しかし、花弁の中を覗くとその違いが分かります。雌花には雄しべはなく、柱頭が3裂しています。
果実は熟しても裂開しない。将軍に献上した逸話があるそうです。
葉は掌状複葉(小葉は5~7枚) 2008.4.21 隅田川畔

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-04-23 00:23 | 都内の公園 | Comments(2)
カレハヒメグモ Enoplognatha japonica
f0238961_11454354.jpg
▲ガラス窓にとまっていたカレハヒメグモ(体長約7mm)
2010.4.19撮影

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-04-22 19:59 | 我が家の珍事 | Comments(0)
ニガイチゴ、キランソウ、アキグミ
この日はある自主グループの感察会の案内役で芦ヶ池方面へ。
途中、葛西臨海公園では珍しいというか、ただ1株のみの『ニガイチゴ』がちょうど開花していました。
この株は、3月の植生調査時に見つけたもので、側にはおおきなアカガシの木があります。
この木が植栽された時に根の土に種子が紛れ込んでいたのでしょう。
海沿いの園路では、カナリーヤシに着生している『タマシダ』という珍しいシダを見せてあげました。
タマシダの画像は『こちら』からどうぞ !!


【葛西臨海公園の植物】2010.4.18撮影
f0238961_813162.jpg

f0238961_8134759.jpg
▲ニガイチゴ=苦苺(バラ科キイチゴ属)





f0238961_8144327.jpg
▲キランソウ=金瘡小草(シソ科キランソウ属)
茎が地上を這う姿から、別名:地獄の釜の蓋





f0238961_22415760.jpg
▲アキグミ=秋茱萸(グミ科グミ属) 花期 4~5月
名前の由来は果実が秋に熟すので。
果実は赤熟し、大きさは直径8ミリほどの球形。他のグミ類の果実は楕円形

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-04-22 08:18 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(2)
4月17日はブログ開設1周年
すっかり忘れていました。先日の17日が、このブログ開設1周年でした。
毎日見てくださる皆様、ありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
もうひとつのブログ『スケッチ感察ノート』方もよろしく (^-^)
[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-04-21 20:30 | 我が家の珍事 | Comments(4)