『 オッス!! 押忍 』 テントウムシ Harmonia axyridis
2009.6.28・7.3/2010.4.25・4.25・5.1・5.26・5.28・12.2撮影

f0238961_13403466.jpgf0238961_13411065.jpgf0238961_13414265.jpgf0238961_134242.jpgf0238961_13423762.jpgf0238961_1343620.jpgf0238961_13433765.jpgf0238961_1344267.jpg
[PR]
# by hitakijo1985 | 2010-12-04 08:00 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
 『百両』 カラタチバナ
f0238961_2248726.jpg
▲唐橘(別名:百両、ヤブコウジ科)
2008.12.11 清澄庭園にて

[PR]
# by hitakijo1985 | 2010-12-04 00:04 | 都内の公園 | Comments(0)
シロヘリナガカメムシ、メマツヨイグサ 『カメムシも貯食する ?』
この日、空き地フェンスの基礎コンクリート上に落ちたメマツヨイグサの種子を
シロヘリナガカメムシが前肢にはさんで何処かへ運んで行きます。
フェンス内ですから確かめる事は出来ませんでした。
数頭が同じ事を行いましたから、この種の習性でしょうか?
冬に備えての貯食でしょうか?
何とも不思議な光景でした !!


【散歩画像より】 2009.12.4撮影

f0238961_9105192.jpg

▲メマツヨイグサの種子を前肢に挟んだシロヘリナガカメムシ

[PR]
# by hitakijo1985 | 2010-12-03 18:11 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
ハマヒサカキ   
いま、ハマヒサカキ=浜姫榊(ツバキ科ヒサカキ属、雌雄異株)の花が満開です。
本種の開花は10~12月ですが、果実は開花翌年の秋から冬に一年がかりで成熟し、黒紫色となります。というわけで同時に果実も見る事が出来ます。この果実はツグミやヒヨドリなどいろいろな鳥が食べますが、特にメジロが良く食べています。果実の大きさが嘴にピッタリのようです。【散歩画像より】 2010.12.1

f0238961_21404652.jpg
▲ハマヒサカキの雄株の雄花



f0238961_2141532.jpg
▲ハマヒサカキの雌株の雌花と果実(前年に咲いた花から結実)
果実は直径6ミリほど

[PR]
# by hitakijo1985 | 2010-12-03 09:36 | 果実・種子図鑑 | Comments(0)
ホソヒラタアブ 『訪花虫』 『虫媒花』 
ホソヒラタアブを含むハナアブ(花虻)の仲間は刺しませんから、怖がる事はありません。
それどころか、虫媒花(受粉を昆虫にやってもらう花)にとってはとても頼りになる働き者の昆虫です。
このような昆虫を訪花虫といいます。

【散歩画像より】  2010.12.1撮影

f0238961_22565336.jpg
ヒナギクを訪れたホソヒラタアブ

[PR]
# by hitakijo1985 | 2010-12-02 08:20 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
『落ち葉・果実・種子』 カツラ、エンジュ、ロウバイ、マテバシイ 
今日は、恒例になっている月初めの神社参拝へ。
風に乗ってカツラの落ち葉の甘い香りが漂ってきます。
そういえば、一昨年カツラの落ち葉などを撮ったことを思い出しました。
まだ画像が残っていたので載せる事にします。

【散歩画像より】 2008.12.1撮影

f0238961_2302188.jpg

▲カツラ=桂(カツラ科) の落ち葉の上のエンジュ=槐(マメ科)の豆果と種子(豆)





f0238961_230475.jpg
▲ロウバイ=蝋梅(ロウバイ科)





f0238961_2311249.jpg
▲マテバシイ=馬刀葉椎、全手葉椎(ブナ科)

[PR]
# by hitakijo1985 | 2010-12-01 10:49 | 果実・種子図鑑 | Comments(0)
ダンダラテントウ Cheilomenes sexmaculatus 2009・2010
f0238961_2116642.jpgf0238961_21163020.jpgf0238961_21171630.jpgf0238961_21175057.jpgf0238961_21181773.jpgf0238961_21184334.jpg
[PR]
# by hitakijo1985 | 2010-12-01 08:00 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
コカマキリ、ホシホウジャク
【散歩画像より】 2009.11.12撮影

f0238961_18364679.jpg
▲コカマキリ





f0238961_183713100.jpg
▲ホシホウジャク 幼虫





f0238961_18373921.jpg
▲ヨモギ葉上のダンダラテントウ





f0238961_1837593.jpg
▲メマツヨイグサ果序上のシロヘリナガカメムシ

[PR]
# by hitakijo1985 | 2010-11-30 08:53 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
テントウムシ さなぎ、エノキ / 橙色のキノコ
最近行く先々でテントウムシのさなぎが目につくようになりました。
昨日の水元公園でもお昼を食べた大きなベンチの側面についていました。
しかし、写真を撮り忘れたので一昨年撮ったものを載せます。
でも、これだけでは寂しいので昨日撮ったオレンジ色のキノコも載せます。(^^)

f0238961_1135881.jpg
▲エノキ=榎(ニレ科)の葉上のテントウムシさなぎ 2008.11.29 水元公園





f0238961_11426100.jpg
▲橙色のキノコ(調べたが合致するものがありませんでした) 2010.11.28 水元公園

[PR]
# by hitakijo1985 | 2010-11-29 17:33 | 水元公園 | Comments(0)
ツマグロヒョウモン、トノサマバッタ、クロホシカメムシ、イチモンジカメムシ
この日も空き地へ。
行く途中の石壁の目地のところにツマグロヒョウモンのサナギがついていました。
空き地のフェンス沿いに歩き出すと、
空き地の中から大きなバッタが飛んできてズボンの膝あたりに止まりました。
なんとトノサマバッタでした。
さらに歩いて行くと、基礎コンクリートの上をテントウムシの終齢幼虫がはっていました。
今度は、クロホシカメムシが日光浴をしていたので、指を近づけると乗ってきました。
そこで記念にパチリ !!
戻る途中には、フェンスの真っ黒な支柱でイチモンジカメムシが日向ボッコしていました。

【散歩画像より】 2009.11.18/25/27撮影

f0238961_2255232.jpg
▲ツマグロヒョウモンのさなぎ





f0238961_2263915.jpg
▲ズボンに止まったトノサマバッタ





f0238961_227658.jpg
▲指の上に乗ったクロホシカメムシ





f0238961_2273729.jpg
▲フェンスの支柱で日向ボッコするイチモンジカメムシ


f0238961_229787.jpg
▲コンクリート側面で日向ボッコするイチモンジカメムシ 2010.1.20撮影

[PR]
# by hitakijo1985 | 2010-11-29 11:14 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)