人気ブログランキング |
『旅で出会った!!』 シュレーゲルアオガエル、ニホンカワトンボ、ヒメクロオトシブミ、ベニカミキリ
この日は、あるグループの感察会の自然案内人として千葉の里山へ行きました。
ここ10年、個人的には年1–2度のバスツアーで遠出するくらいで、それも最近は行っていませんでしたから、半年以上振りの遠出でした。
何カ所か廻りましたが、どの場所も昔ながらの自然が残された素晴らしい場所でした。

【感察の旅画像より】 2009.4.29 千葉県の里山にて撮影

f0238961_1640250.jpg
▲フキの葉上のシュレーゲルアオガエル(3センチほどの個体)





f0238961_16403241.jpg
▲ニホンカワトンボ
翅の先端に赤い長方形の模様をみえますね。
この部分を「縁紋」といいますが、飛行時これでバランスを取っているそうです。





f0238961_1641357.jpg
▲コナラの葉を切り終えたヒメクロオトシブミ(約5ミリ)
これから長い時間を掛けて葉を巻き、その中にタマゴを産みます。
巻いたものを「揺籃=ようらん」(ゆりかご)といいます。





f0238961_16412895.jpg
▲ガクアジサイの葉上のベニカミキリ





f0238961_16415623.jpg
▲田圃にいたミズアブの幼虫

by hitakijo1985 | 2010-05-09 08:46 | 千葉県 | Comments(0)
<< タチイノヌフグリ 『野草賛歌』... ブドウマイマイ 『黒いカタツム... >>