人気ブログランキング |
『台木』 イボタノキ / 「接ぎ木」 ライラック
3年前の事ですが、偶然訪れたサイトに『イボタノキの花』の画像が「ライラック」として紹介されていました。
撮影場所を見ると思った通り、鳥類園でした。
鳥類園の園路脇には20株ほどの『ライラック』と解説版のついた木がありました。
しかし、約半数の株(上の池側のもの全部)が、
ライラックの台木として用いられたイボタノキが勢力を盛り返し(接ぎ木失敗)、
完全にイボタノキになっています。
あるサイトの方は根元の解説版を信用して「ライラック」と思われたのでしょう。
『イボタノキ』にライラックの解説版では、混同のもとですから、解説版は撤去してもらいました。
下の池側のものは、接ぎ木が成功しライラックになっていますが、
1株だけ半分イボタノキ、半分ライラックになったものがあります。
鳥類園にとっては、小鳥の喜ぶ果実のなる『イボタノキ』の方が相応しいのです。
その事を知っている神様が粋な計らいで、半分を成功、
半分を不成功にしたのではと、私は思っています。(^-^)


イボタノキ=水蝋樹・疣取木(モクセイ科イボタノキ属) 2011.5.28 鳥類園にて撮影


f0238961_19112285.jpg




f0238961_19114770.jpg
かっては、根元にライラックの解説版がついていました。
接ぎ木されたライラックを拒否し、自己を主張したあっぱれなイボタノキ
止まっている甲虫はヒメマルカツオブシムシ

by hitakijo1985 | 2011-05-29 11:45 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(0)
<< 『稲妻蠅捕』 イナズマハエトリ 『茶色短裁象虫』 チャイロチョッキリ >>