人気ブログランキング |
【昆虫の驚異】 『寄生蜂 vs 天道虫』 テントウハラボソコマユバチ vs ナナホシテントウ
先日(3月31日)、空き地内に不法投棄された段ボールの隙間に、
ナナホシテントウがついていた。
形が変だったので、フェンス内に手を伸ばし、
その部分の段ボールを破り取った。
腹の下に、テントウハラボソコマユバチに寄生され、
繭を紡がれていた。
しかし、触覚が時々動くので、
ナナホシテントウは、まだ生きているようだ。
持ち帰り、透明なケースに入れた。 [つづく]

【散歩画像より】2015.3.31 空き地

f0238961_840713.jpg




f0238961_8403124.jpg


4月9日朝、何気なくケースを見るとケースの底に蜂 がいた。
出てくる瞬間は見る事ができなかったが、
繭の端が丸く切り取られている。
天道虫は寄生されたにも関わらず生きていた。
出て来た蜂は、何度も産卵を試みたが成功しなかったようだ。
天道虫は暴れて繭から脱出。
段ボールから下りる時ひっくり返ってしまう。
そのとき腹が見えたが外見的には異常がないように見える。
しかし、歩き方がぎこちない。
寄生する蜂も凄いが、寄生されてなお生きている天道虫も凄い!!
翌日、公園に放しに行った。

2015.4.9 室内で撮影

f0238961_13582147.jpg

f0238961_13585183.jpg
テントウハラボソコマユバチ



f0238961_1405421.jpg
天道虫がいるのに気付いた蜂



f0238961_1422597.jpg
産卵しようと近づく



f0238961_145161.jpg
腹を曲げ、産卵管を突き出す



f0238961_1433964.jpg
産卵管が頭部に触った



f0238961_1475828.jpg
天道虫暴れる、蜂離れる



f0238961_1495138.jpg
f0238961_14101289.jpg
繭から離れようともがく



f0238961_14114169.jpg
遂に繭から脱出



f0238961_14131123.jpg
段ボールから下りるときひっくり返る

by hitakijo1985 | 2015-04-10 08:40 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
<< 『 小さな花のロンド 』 爪草... 『 茶甲羅蛞蝓 』 >>