人気ブログランキング |
2019年 09月 01日 ( 7 )
#アオイ科 #果実 #種子 『トロロアオイ 黄蜀葵』 Abelmoschus manihot
f0238961_22315970.jpg


f0238961_22322388.jpg
果実



f0238961_22332567.jpg
果実の中の種子

f0238961_2235101.jpg
種子 [5mm方眼]

【令和元年8月26日(月) 曇のち晴↑29℃↓23℃ @公園】






f0238961_7491171.jpg
トロロアオイ (別名:花オクラ、アオイ科トロロアオイ属)

f0238961_7493457.jpg
[つぼみ]

f0238961_750581.jpg
[若い果実]

【向島百花園にて】 2016.9.28撮影

by hitakijo1985 | 2019-09-01 22:30 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
#チョウ #秋の七草 『一文字挵』 Parnara guttata
f0238961_11394113.jpg

【令和元年8月31日(土) 曇のち晴↑32℃↓24℃ @向島百花園】








f0238961_2271890.jpg
オミナエシ で吸蜜する イチモンジセセリ

【令和元年8月26日(月) 曇のち晴↑29℃↓23℃ @向島百花園】

by hitakijo1985 | 2019-09-01 22:07 | Comments(0)
#キノコ 『鶴茸』 Amanita vaginata
f0238961_2140132.jpg
幼菌

【令和元年8月26日(月) 曇のち晴↑29℃↓23℃ @向島百花園】







f0238961_213828100.jpg
ツルタケ(ハラタケ目テングタケ科)
[つばはない]

『散歩画像より』 2011.9.11撮影

by hitakijo1985 | 2019-09-01 21:35 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
#チョウ #マメ科 『北黄蝶』 Eurema mandarina
f0238961_19332965.jpg
メドハギ (マメ科)に止まるキタキチョウ

【令和元年8月26日(月) 曇のち晴↑29℃↓23℃ @向島百花園】







f0238961_2045979.jpg


f0238961_2052835.jpg
メドハギに産み付けられたキタキチョウの卵
【令和元年7月5日(金) 曇のち雨↑25℃↓19℃ @向島花園】







f0238961_19373135.jpg
キタキチョウ
【2018.5.13(日) 曇のち雨 気温↑21℃↓17℃ @向島百花園】

by hitakijo1985 | 2019-09-01 19:30 | 向島百花園 | Comments(0)
#シソ科 #果実 『秋田村草』 Salvia japonica
f0238961_19151922.jpg




f0238961_19154792.jpg




f0238961_19162355.jpg
萼筒、果実(4分果) [5mm方眼]

f0238961_19165091.jpg
果実

【令和元年8月26日(月) 曇のち晴↑29℃↓23℃ @向島百花園】









f0238961_981749.jpg


f0238961_983848.jpg
アキノタムラソウ (シソ科アキギリ属)

【向島百花園にて】 2017.8.10撮影 
 
by hitakijo1985 | 2019-09-01 19:08 | 向島百花園 | Comments(0)
#ブドウ科 『蜜 タップリ!!』  【藪枯らし】 Cayratia japonica
ヤブガラシの花托には蜜がたっぷり。
蝶をはじめ多くの昆虫が蜜を求めてやってくる。
生物多様性を謳うなら、大切にしなければならない植物である。
学名(Cayratia japonica)にも日本が入っている。



f0238961_7251571.jpg

【令和元年7月2日(火) 曇一時雨↑28℃↓22℃ @公園】
 







f0238961_20364519.jpg


f0238961_2037496.jpg


f0238961_20382287.jpg


f0238961_1820402.jpg
ヤブガラシ (ブドウ科ヤブガラシ属)

【散歩画像より】 2010.9.15撮影 

by hitakijo1985 | 2019-09-01 18:15 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
#クモ 『闇色蟹蜘蛛』 Xysticus croceus.
バスを待つ間、後ろの植え込みに植栽されたイチイの木に
花でも咲いていないかと近ずいたら、
葉の間に白いものが目に入った。
さらに近づいて上から覗いたら、白いものの上に「ヤミイロカニグモ ♀」がいた。
白いものは卵嚢だったのである。
ヤミイロカニグモは多数感察しているが、卵嚢は初見。(^o^)


f0238961_11245781.jpg
ヤミイロカニフモ (カニグモ科)

令和元年8月26日(月) 曇のち晴↑29℃↓23℃ @バス停付近】

by hitakijo1985 | 2019-09-01 11:25 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)