人気ブログランキング |
2019年 09月 13日 ( 6 )
#イネ科 #秋の七草 『尾花が咲いた』  芒 Miscanthus sinensis 
秋の七草のひとつ「尾花」はススキのこと。
ススキを漢字で書くと「芒」
芒は「のぎ」とも読む
芒とは、イネ科植物の小穂の穎(えい)の先端にある針金状の突起(毛)
ススキには「芒(のぎ)」がある。
ちなみに、オギ(荻)には芒(のぎ)がない。
[オギに芒なし、ススキに芒あり] [両種とも冠毛はある]


f0238961_17352295.jpg

【令和元年9月7日(土) 曇↑30℃↓23℃ @向島百花園】




f0238961_7551917.jpg

【2018.12.24(月) 晴↑11℃↓8℃ @向島百花園】





f0238961_17454665.jpg




f0238961_17332047.jpg
【2018.10.19(金) 雨のち晴↑20℃↓14℃ @向島百花園】






f0238961_222546100.jpg
ススキ=芒・薄[古名:萱(かや)・イネ科ススキ属] 2012.10.31撮影

by hitakijo1985 | 2019-09-13 17:30 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
#バラ科 #果実 #偽果 #真果 『山査子』 Crataegus cuneata
バラ科は偽果[子房以外の、例えば花托など(隣接組織)に由来する果実状の器官]が多い。
このサンザシもその一つ。
花托の肥大した中の種子のようなものが真果[子房由来の本当の(果実)]
ちなみに、リンゴの食べない[芯の部分が果実]


f0238961_16245636.jpg
サンザシの偽果
[黒い所が花弁や蕊がついていた所。赤い部分は花托(花床)が肥大したもの]

f0238961_16411991.jpg
偽果(肥大した花托)と真果(果実) [一見種子のよう]

f0238961_1631421.jpg
偽果(肥大した花托)と4個の真果(果実)

【令和元年9月7日(土) 曇↑30℃↓23℃ @向島百花園】





f0238961_715166.jpg
サンザシ (バラ科サンザシ属)

【向島百花園にて】 2017.9.18撮影

by hitakijo1985 | 2019-09-13 16:30 | 果実・種子図鑑 | Comments(0)
#トチカガミ科 『鼈鏡』 Hydrocharis dubia
f0238961_14312223.jpg


f0238961_14314972.jpg


f0238961_14322191.jpg
葉の裏には浮袋がある

【令和元年9月7日(土) 曇↑30℃↓23℃ @向島百花園】






f0238961_8531070.jpg


f0238961_8534161.jpg
トチカガミ (トチカガミ科トチカガミ属)

【2018.9.3 (月) 曇一時雨 気温↑26℃↓22℃ @向島百花園】

by hitakijo1985 | 2019-09-13 14:25 | 向島百花園 | Comments(0)
ブドウ科 『吸着根・冬芽・葉痕』 蔦 Parthenocissus tricuspidata
向島百花園バス停の横のイチョウの木に吸着していた夏蔦


f0238961_14114474.jpg


f0238961_14122172.jpg
吸着根

f0238961_14125417.jpg


【令和元年9月7日(土) 曇↑30℃↓23℃ @】





f0238961_13432070.jpg


f0238961_13434595.jpg
ツタ (別名:ナツヅタ、ブドウ科ツタ属)

【隅田川テラス(左岸)にて】 2013.2.2撮影

by hitakijo1985 | 2019-09-13 14:10 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
#テントウムシ 『ベダリアテントウ』 Rodolia cardinalis
トベラの葉に陽が当たり、葉裏に数ミリの丸く黒い影が見えていた。
葉をひっくり返すとアカイロテントウの幼虫にいた幼虫がついていた。
葉ごと頂きシャーレに入れて置いたら、3日後の(6日)に蛹になり、
更に4日後の(10日)に羽化した。
公園初記録で、幼虫は初見。
撮影後、成虫を元の場所に放した。


f0238961_13412759.jpg
羽化した
【令和元年9月10日(火) 曇↑36℃↓26℃ @我が家】







f0238961_13381187.jpg
蛹になった。
【令和元年9月6(金) 曇↑33℃↓23℃ @我が家】






f0238961_1821317.jpg
ベダリアテントウ 幼虫 (ロドリア属)

【令和元年9月3日(火) 曇のち雨↑29℃↓25℃ @公園】

by hitakijo1985 | 2019-09-13 13:35 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
#ナス科 #帰化植物 『トマトダマシ』 Solanum rostratum
ほぼ日課にしている散歩のコースはだいたい何時も
同じ場所のことが多い。
しかし、連日同じコースだと同じような画像になりがちである。
そこで、極く偶にコースを変える。
この日もコースを変えて歩いたが思った成果はなかった。
諦めて変える途中にまだ刈られないで残っているイネ科の群落があった。
カメムシでもいないかと歩いていると、黄色い花が目に入った。
近づいて見た瞬間、ナス科の花と感じた。
[ナス科 黄色い花]で検索したが、合致する画像はなかった。
ウリ科ではというコメントを頂いたが、私はナス科で間違いないと思っていた。
種名が分かった。やはりナス科の「トマトダマシ 」という帰化植物だった。
もちろん初見。結構珍しい物のようだ。
どのような経路でたった1株生えたのだろう。
数日したら又感察に行くつもりだったが、忙しくて忘れていた。
先ほど(12日)思い出して行ってみたら、草刈りで無くなっていた。


f0238961_22415116.jpg


f0238961_2243957.jpg
[若い果序]

f0238961_22433772.jpg


f0238961_2244469.jpg
トマトダマシ (ナス科ナス属)

【令和元年9月5日(木) 曇↑30℃↓23℃ @公園】

by hitakijo1985 | 2019-09-13 00:01 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)