『小穂 と 象虫』 クチナガチョッキリ / ネズミムギ
【散歩画像より】 2011.5.31撮影

ネズミムギ小穂上のクチナガチョッキリ

f0238961_1665297.jpgf0238961_16797.jpg
[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-05-31 20:00 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
『カマキリ誕生』  / トベラ
【散歩画像より】2010.5.27撮影

f0238961_18304093.jpg
▲トベラのは上のカマキリsp幼体(約15ミリ)


[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-05-31 15:30 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
ヨダンハエトリ、アオオビハエトリ
【鳥類園の蠅取蜘蛛】2009.5.31撮影


f0238961_18373321.jpg


f0238961_18375710.jpg
▲ヨダンハエトリ♂ 2009.5.31






f0238961_18383210.jpgf0238961_20345693.jpg左:アオオビハエトリ♂ 、右:♀

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-05-31 09:05 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(0)
『小さなカミキリムシ』 ヒトオビアラゲカミキリ
【鳥類園の昆虫】 2009.5.31撮影

f0238961_18452097.jpg
ガクアジサイの葉上のヒトオビアラゲカミキリ(7ミリ)

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-05-30 21:15 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(2)
細波雀、キシタバ
f0238961_18482119.jpg
▲[多分] サザナミスズメ(前翅長:34ミリ)






f0238961_18484739.jpg
▲キシタバ幼虫 2009.5.31 鳥類園

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-05-30 16:46 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(0)
『稲妻蠅捕』 イナズマハエトリ
f0238961_10343623.jpg


f0238961_10345816.jpg


f0238961_10352078.jpg


f0238961_10354146.jpg
アジサイの葉上のイナズマハエトリ♂ 2009.5.27 公園

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-05-30 12:47 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
『台木』 イボタノキ / 「接ぎ木」 ライラック
3年前の事ですが、偶然訪れたサイトに『イボタノキの花』の画像が「ライラック」として紹介されていました。
撮影場所を見ると思った通り、鳥類園でした。
鳥類園の園路脇には20株ほどの『ライラック』と解説版のついた木がありました。
しかし、約半数の株(上の池側のもの全部)が、
ライラックの台木として用いられたイボタノキが勢力を盛り返し(接ぎ木失敗)、
完全にイボタノキになっています。
あるサイトの方は根元の解説版を信用して「ライラック」と思われたのでしょう。
『イボタノキ』にライラックの解説版では、混同のもとですから、解説版は撤去してもらいました。
下の池側のものは、接ぎ木が成功しライラックになっていますが、
1株だけ半分イボタノキ、半分ライラックになったものがあります。
鳥類園にとっては、小鳥の喜ぶ果実のなる『イボタノキ』の方が相応しいのです。
その事を知っている神様が粋な計らいで、半分を成功、
半分を不成功にしたのではと、私は思っています。(^-^)


イボタノキ=水蝋樹・疣取木(モクセイ科イボタノキ属) 2011.5.28 鳥類園にて撮影


f0238961_19112285.jpg




f0238961_19114770.jpg
かっては、根元にライラックの解説版がついていました。
接ぎ木されたライラックを拒否し、自己を主張したあっぱれなイボタノキ
止まっている甲虫はヒメマルカツオブシムシ

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-05-29 11:45 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(0)
『茶色短裁象虫』 チャイロチョッキリ
【鳥類園の昆虫】2011.5.28撮影

f0238961_19583315.jpg
クリの葉上のチャイロチョッキリ(全長約8mm)

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-05-28 20:00 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(0)
ニセチビヒョウタンゾウムシ、ホソヒラタアブ
【散歩画像より】2010.5.26撮影

f0238961_15425373.jpg
▲ニセチビヒョウタンゾウムシ(約4.5ミリ)





f0238961_15431133.jpg
▲ホソヒラタアブ♂(約10ミリ)

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-05-28 00:28 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(2)
『不思議発見 !! ホメオティック変異 ?!』 バイカウツギ
昨年、公園友の会の方が1本のバイカウツギを植えました。その木に今年5月上旬から花が咲きだしました。
その木の花は、通常の4弁花の他に、5弁やそれ以上の花弁をつけた八重が混じっています。
園芸種ですから気にも留めなかったのですが、ツイッターで「カタバミの八重の花」のことでやり取りしているうちに、若い研究者の方から、何か不思議な現象が起きているという事を教えて頂きました。
不思議な現象とは「ホメオティック変異」と言うのですが、素人の私には難しすぎます。
しかし、知的好奇心をくすぐってくれるので、興味が大有りです。(^-^) というわけで、花の盛りを過ぎていますが写真を撮って来ました。(^o^)


【バイカウツギ=梅花空木(ユキノシタ科バイカウツギ属)】 2010.5.27撮影
この株は正常な4弁花と、雄しべが花弁化した花が混在しています。全体では雄しべが花弁化した花の方がやや多い、しかし全ての花に雌しべと雄しべ(数は異なる)がついていました。

f0238961_19205374.jpg
【一枝に正常な花(中央の4弁花)と雄しべが花弁化した花】





f0238961_19213921.jpg
【正常な花の雄しべ(この個体は22本の雄しべがあった)】
1本も花弁化は認められない。





f0238961_1085918.jpg
【雄しべが花弁化した花】





f0238961_1922816.jpg
【花弁化した雄しべ(途中に葯の痕跡がある)】
左の方に先端が6裂した柱頭とその下に緑色した子房がみえる。





f0238961_19223881.jpg
【花弁が落ちた後のガク】
左が正常な花のガク、右は雄しべが花弁化した花のガク
雄しべが花弁化した花のガクは5枚以上になっていた。





f0238961_1923994.jpg

【どちらのも結実しているようにみえる】
種子が出来ているかは後日確かめよう。





f0238961_1923314.jpg
【自生のバイカウツギ】2007.7.19撮影 八島ヶ原湿原

[PR]
# by hitakijo1985 | 2011-05-27 13:31 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(2)