人気ブログランキング |
タグ:ブドウ科 ( 3 ) タグの人気記事
#カメムシ #ブドウ科 『亀虫 と 花』
f0238961_8274129.jpg




f0238961_8287100.jpg
ヤブガラシ 上の ハギメンガタカスミカメ

【令和元年7月6日(土) 曇のち雨↑24℃↓19℃ @公園】

by hitakijo1985 | 2019-07-13 08:28 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
#ブドウ科 『蝦蔓』 Vitis ficifolia Bunge
【散歩画像より】2008.7.9撮影

f0238961_19314962.jpg
エビヅル (ブドウ属、雌雄異株)の雄株の雄花穂


f0238961_1932978.jpg
エビヅルの雄花穂

by hitakijo1985 | 2010-07-19 08:49 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(2)
#ブドウ科 薮枯らし 『鳥足状複葉』『花托』『蜜』 
ヤブガラシの名は、薮を枯らすほど繁茂するのでつけられたようです。
そのせいか公園では嫌われています。
しかし、花托(花床)にたっぷりの蜜が貯まるので、開花時期は昆虫たちのレストランとして大繁盛。
生物多様性をいうのであれば、
都立公園内のヤブガラシ、少しは残しても良いのではないでしょうか。

f0238961_1858236.jpg
ヤブガラシ=薮枯らし(ブドウ科)
葉は『鳥足状複葉』という特徴的な形をしています。
ちなみに鳥足状複葉の葉は、このほかにアマチャヅル(ウリ科)があります。





f0238961_18583456.jpg
タップリ蜜の貯まった花托(花床)
ヤブガラシの花弁(4弁花)は開花後すぐ落ちてしまいます。
しかし、鮮やかなオレンジ色の花托が昆虫たちを引き寄せます。
2枚だけ残っているのが花弁です。





f0238961_18591216.jpg
▼この日空き地に沿って散歩していると、フェンスに巻き付いたヤブガラシが咲いていました。
顔を近づけて感察していると、1頭のテントウムシが何処からともなくやってきました。





f0238961_19039.jpg
▼タップリ蜜の貯まった花托の方へ行きます。





f0238961_1905594.jpg
▼舐め始めると、下の方からアミメアリがやってきました。
テントウムシは、蜜は俺のものだとばかりに追い払いました。




f0238961_1912684.jpg
▼独り占めしたテントウムシは美味しそうに蜜を舐めています。




f0238961_192024.jpg
▼追い払われたアミメアリは、ちゃーんと別のところで仲間と一緒に蜜を舐めていました。

by hitakijo1985 | 2010-07-17 11:38 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)