タグ:感察 ( 310 ) タグの人気記事
#食痕『字書き虫』
潜葉虫(双翅目、鱗翅目、鞘翅目、膜翅目の一部の種)の食痕が
字を書いたように見えるので字書き虫と呼ばれている。


f0238961_8274044.jpg

f0238961_8243428.jpg
字書き虫が食べたシロヨメナの葉





f0238961_8252757.jpg
字書き虫が食べたヤマシロギクの葉

【2018.9.8(土) 晴のち曇 気温↑33℃↓26℃ @自然教育園】

[PR]
by hitakijo1985 | 2018-09-12 08:28 | 都内の公園 | Comments(0)
#ドングリ #木の花 『姥目樫』 Quercus phillyraeoides
【2018.8.26(日) 晴 気温↑36℃↓26℃ @公園】


f0238961_950633.jpg


f0238961_9504518.jpg






f0238961_19254927.jpg

ウバメガシ (ブナ科コナラ属、同株 雌雄異花) 雌花



f0238961_14235578.jpg
雄花穂(蕾の状態)

f0238961_19302236.jpg
雄花

f0238961_19304728.jpg
雄花穂
【2018.4.13(金) 晴 気温↑20℃↓11℃ @公園】

[PR]
by hitakijo1985 | 2018-09-04 09:45 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
『卵の殻』鵯
午前中の調査時に、園路脇の草原に落ちていた。
落ちていた上を見上げたが木の枝はなかった。


f0238961_765589.jpg


f0238961_771171.jpg
ヒヨドリの卵の殻

【2018.7.28(水) 雨↑28℃↓20℃ @鳥類園】

[PR]
by hitakijo1985 | 2018-08-18 07:07 | 葛西臨海公園・鳥類園 | Comments(0)
#果実 『6年ぶりに果実が生った』 トチノキ Aesculus turbinata
2012年以来、6年ぶりに果実がなった。
前年に覆われていたクズを除去したのが功をそうした。



【2018.7.28(水) 雨↑28℃↓20℃ @鳥類園】

f0238961_21461569.jpg



葛西臨海公園の鳥類園には、造成中の1993年から行き始めましたが、
2004年4月から知り合いのNPO法人が管理運営を任されたので、毎月1回以上行くようになりました。
縁あって6月からは鳥類園ウォッチングセンターの『1日スタッフ』をやるようになり、
さらに2007年4月からは毎月「植物の開花・結実調査」を依頼されてやるようになりました。
植物調査ではいろいろな発見があります。
2008年4月から、やはり依頼により『植物感察ツアー』も毎月やるようになりました。
鳥類園は鳥は勿論の事、植物もとても面白いのです。
鳥類園の植物については誰よりも詳しい(?)と、勝手に思っています。
折々の発見を時たま写真でお伝えしています。

 鳥類園には数本のトチノキがありますが、海側園路沿いの1本に、
2008年秋に初めて果実が2個生りました。
f0238961_11152661.jpg
初めて[2008年秋結実]生ったトチノキの果実 2009.3.7撮影



 しかし、その後はクズに被われ果実が生りませんでしたが、
先日(2012.2.25)の調査で3個の果実が生っているのに気付きました。
先月はまだ枯れたクズの葉がついていたので気付きませんでした。
2011年秋に結実したのですから3年ぶりに果実が生ったのです。
今度は連続して生って欲しいものです。
f0238961_1118404.jpg
3年ぶりに生ったトチノキの果実[2011年秋結実] 2012.2.25撮影



2013.1.26 朝の調査時、前月まで被われていたクズがなくなり、
2個の果実が生っている事が分かりました。
2011年、2012年と連続で結実したのは初めての事です。
f0238961_1125529.jpg
トチノキ果実[2012年秋結実] 2013.1.26 撮影


今年もクズで被われてしまうのでしょう。
クズに被われなければたくさんの花が咲くのでしょうが、未だに花は見た事がありません。
人で不足で植生管理がここまでは及びません。
【2014年3月 追記】 3年連続を期待したのですが、残念ながら2013年秋は結実しませんでした。
[PR]
by hitakijo1985 | 2018-08-18 00:01 | 果実・種子図鑑 | Comments(0)
#足跡トラップ 『タヌキの足跡がついていた』
朝食後、昨晩感察したトラップを再び感察へ。
各班は5箇所のトラップを順次見て回るために広場に集まっている。
講師二人はトラップで待機。私は先回りして足跡トラップを確認へ。
見て、思わず顔がほころんだ。全ての残飯がなくなり、用紙の右下に2個の足跡がついていた。
3班は大喜び。


f0238961_1731356.jpg




f0238961_17313317.jpg
タヌキの足跡

【2018.7.25(水) 晴↑33℃↓22℃ @武石観光センター近くの林】
 
[PR]
by hitakijo1985 | 2018-08-12 17:33 | 自然感察会 | Comments(0)
#足跡トラップ 『足跡トラップに予想だにしなかった足跡が』
昼食後、5班に分かれてバナナトラップ、ベイトトラップ、足跡トラップを用意し、武石観光センター近くの林に
各班がそれぞれ5箇所に設置。私は3班の足跡トラップを指導する。
夕食後は、竜ヶ沢ダムでヘイケボタルを感察に。時期的にちょっと遅かったが全班が見ることが出来た。
この後、子供たちが待ちに待った仕掛けの感察へ。
午後8時、かなり暗いので懐中電灯を持って私は足跡トラップのところへ。
近くに東屋があるので、昼間に誰かが悪戯した跡があり、哺乳類の足跡はついていなかった。
各班、順番に見に来たが残念がっていた。特に仕掛けた3班はガッカリしていた。
他のトラップも目ぼしいものは来ていなかった。
みんなが見終わった後、再び足跡トラップを見直すと、用紙の隅に小鳥の足跡がついていた。
スズメより明らかに小さい。想像するに、昼間ヒガラがやった来たのだろう。
獣用の残飯に興味を示したのだろうか。
仕掛けは翌朝の感察後に撤去するのでそのままに、夜はまだ長いので翌日に期待した。
この後はバスに乗ってのナイトハイク。狐とハクビシンが各2頭ずつ感察出来た。


f0238961_1114534.jpg


f0238961_11151750.jpg
ヒガラと思われる足跡(足跡の長さ:第一趾~第三趾(爪含む) 20mm )
[ちなみに、 スズメの足跡の長さは27mm]
【2018.7.24(火) 晴↑34℃↓22℃ @巣栗渓谷】
 
[PR]
by hitakijo1985 | 2018-08-09 11:15 | 自然感察会 | Comments(0)
『黄釣舟』 Impatiens noli-tangere
【2018.7.24(火) 晴↑34℃↓23℃ @ベルデ武石】


f0238961_9524915.jpg


f0238961_953499.jpg








f0238961_2149982.jpg
キツリフネ (ツリフネソウ科ツリフネソウ属)
2009.6.25撮影

[PR]
by hitakijo1985 | 2018-08-02 09:38 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
『? 繭 ?』
大きさ(長さ)8mm
中に何かが入っている。
伸ばした脚、それとも産卵管?
成虫、それとも幼虫?

【柳原千草園にて】 2018.2.27撮影


f0238961_7362829.jpg
バクチノキの葉裏の繭?
 
[PR]
by hitakijo1985 | 2018-03-04 07:36 | 柳原千草園 | Comments(0)
#雪景色 『4年ぶりの雪景色』
【散歩画像より】 2018.1.22・23撮影


f0238961_14272991.jpg




f0238961_14275036.jpg
 



f0238961_14281134.jpg




f0238961_14283240.jpg




f0238961_1428516.jpg




f0238961_14291237.jpg

[PR]
by hitakijo1985 | 2018-02-04 14:29 | 近所の公園・路傍・空き地 | Comments(0)
『皆既月食』 スーパーブルーブラッドムーン
妻が見たいというので、厚着して感察に行った。

f0238961_15262579.jpg
2018.1.31 23:21:23 撮影

[PR]
by hitakijo1985 | 2018-02-01 15:26 | Comments(0)